マカの効能と副作用

マカとは、南米ペルーのアンデス山脈の高地に自生している植物で、マカの根が食用になります。

マカは、約2000年前の古代インカ帝国の時代より生殖能力を強化するために利用されてきました。

マカの主な成分は、たんぱく質であり、人間の体内に必要な必須アミノ酸がバランスよく含まれています。

マカは鉄分、亜鉛、カルシウムなどのミネラル類のほか、ビタミンB群やビタミンC、ビタミンEなども含んでいます。そのため、マカは疲労回復、滋養強壮などの効能があるといわれています。


サプリメントとして、特に期待されているマカの効能として、2点が挙げられます。
  ★滋養強壮や強精、生殖機能強化の効果
  ★不妊症や勃起障害などの改善効果

マカの副作用は大丈夫なのでしょうか。
健康食品ですから、普通に摂取する限り副作用の心配はありません。

しかし、マカの飲用によって、血行が幾分良くなりますので、高血圧の持病のある方は医師に相談されたほうがいいと思われます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。